返済することに違いないが

任意整理と民事再生は、いずれも債務を整理をする手段の一つです。
主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息がカットされた返済額をもとに月ごとの返すをしていく方法で、一般に元金が減ることはありません。 その一方、民事再生の場合は返す計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金が減り、残分の返済がはじまります。
債務整理をした人の名前は、ブラックリストに載り、それが消されるまでの5年は、クレジットカードの審査を通ることは容易ではないそうです。ですが、5年の間に作成可能な人もいます。

そのケースでは、借金を完済したという場合が多いです。信用してもらえれば、クレカを作成することも可能です。債務整理の手段全てと同じで、過払い金の返還請求も個人による手つづきが出来るのです。

この手つづきでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、その際、ゼロ和解をもちかけられる可能性があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば一体どの程度の過払い金があるのか知らずにいることになります。 軽々しくゼロ和解を受けると損失を生むことに繋がりかねません。

借金で手つづきに困ったとき頼るところは、司法書士、または、弁護士が所属している法律事務所でしょう。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことが出来るのですが、任意整理や過払い金請求を行なうには、司法書士だと合計が140万円以内でなければ請け負うことができないという縛りがあります。

140万円に達しないことがはっきりしていればいずれでもかまいませんが、オーバーすることも考えられるなら弁護士に頼む方が安心でしょう。

借りたお金を早く返済する方法を知りたい

個人事業主であれば

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、現金化されていない売掛金があると、それは資産としてあつかわれることになるでしょう。 仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生で債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になるはずです。
ですが、100万円の売掛金が残されているとして、5分の1は債務に上乗せされるため、結果的に220万円の債務が残ることになるはずです。 掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、返戻金の額や借金の整理の種類次第では、解約を迫られることもあるでしょう。 たとえば自己破産のケースでいうと、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。
それから個人再生の場合ですが、自己破産のように解約を迫られることはないのですが、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、その額次第で返す額が増えるという事態も想定されます。 これが任意整理となると、解約をもとめられることもなく、返済額も返戻金の影響をうけません。
いま子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)がいて債務整理をするのなら、気になるのって養育に必要なお金への影響です。 たとえば、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)の教育のためのローンが使用出来るか否かは、大きな問題です。
簡単に説明するなら、教育ローンには民間の金融機関が提供しているものと、いわゆる「国の教育ローン」と呼ばれる日本公庫(日本政策金融公庫)が取り扱っているものに分けることができます。
どの金融機関も金融事故などの情報が記録される個人信用情報機関に加盟していますから、債務を整理後、しばらくの間は教育ローンの審査をパスすることができなくなるはずです。 普通、債務を整理の際には専門家に依頼すると思いますが、タダではありません。
支払えないお金の借入があるから債務整理するのに、そんなお金はないと言う方も多いのですが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。 けれども、こちらの事情を汲み、分割で支払ったり、支払いが債務整理後でもOKだという事務所もあるでしょうから、始めから諦めずに、まずは相談してみてちょうだい。 お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、どうしても返すしきれない状態に陥ってしまったら債務整理も視野に入れて考えてみてちょうだい。 一般的に債務整理が必要かどうか判断する目安は、月々返している返済の額が手取りの3割超になっているといった状況が至当だといわれているのです。 任意整理で弁護士等を訪れるのはこのタイミングが多いですし、早いうちに生活を再建したほうが良いでしょう。
金融機関が共有している個人信用情報には、債務整理をした履歴が過去のローンの利用状況などと伴に掲載されています。
普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。
簡単に言えば個人信用情報のデータベースにアクセスできる金融業界に転職や就職したいときです。
ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、就職先は細かい事情はわかりませんから、採用を見送るケースもあるでしょう。 会社や採用担当者によって考え方も違うでしょうし、個人ではいかんともしがたい問題です。
裁判所をとおさずに交渉し、合意成立してから、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などからのキャッシングを申し込んだとしても、審査される際に通ることが出来ません。 いったん信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、掲載が消されるまでには5〜10年は必要になるため、その時間を待てばお金の借入ができます。 信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストのうち借金の整理の記録はいつまで残るのかは、債務整理に使った方法次第で変わってきます。 任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら完済してから5年前後といわれているのです。
でも、自己破産をした人は裁判所の免責をうけてから7年ほどを見ましょう。
しかし、目安というのみで沿うとは限りませんから、自ら信用情報機関に登録されている情報を確認してみるのがエラーないでしょう。 借金の返済 もうできない

個別の面談は必須です

弁護士および司法書士は、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を発表しています。
メールや電話で先に話を聞いて貰う事はできるものの、実際に会って面談することなく引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、面談義務に従っていないという事になります。
最近、借りたお金の整理のうち自己破産という方法(まずは想定しうる可能性をピック(撥弦楽器のピックを収納するためのピックケースやピックホルダーなども売られています)アップすることが肝心でしょう)を選択し、無事処理をやり遂げました。 毎日思っていた返済できない、これ以上遅れたらどうなるのかという心配から自由の身となることが出来て、心が本当に軽くなりました。 これなら、もっとずっと前からお金の借入の整理しておくべきでした。
債務整理にはちょっとした難点もあります。
債務整理をするとクレジットカードなどの借り入れが極めて難しくなります。
要は、お金を借りることができない事態となってしまい、現金のみで買い物をすることにならざるを得ません。
これはとても厄介なことです。
増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。
この最中にお金にゆとりが出た場合には、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返すをするといった対応が取れるでしょう。
任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをおねがいしていたのなら、債権者に対する返すの問い合わせは、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が話をとおしやすいです。
支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、本人から依頼された弁護士や認定司法書士がこの借金の整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から停止します。 ただし、返済がストップして以降、この手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいる場合もあります。
お金の借入の整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。 個人再生や自己破産のように裁判所への申したてを要する手段を債務整理時に選んだ場合は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。 したがって司法書士は裁判所への申請書類の製作といった作業と本人へのアドバイスが主になります。
債務者本人が裁判所に申したてに行かなければなりませんし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。
自己破産で特に管財案件である場合などは司法書士に依頼してしまうと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。
まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、もし自己破産をすると返す途中のローンは解約となり、返済のためにマイホームもマイカーも売却しなければなりません。 ただ、債務を整理といっても自己破産以外は住宅ローンなどの契約は保全され、返済は従来通りつづける必要があります。
また、これらを売却して返済に充てることはないですし、不安であれば相談することをお薦めします。
返済に困って弁護士等に債務を整理を依頼する場合でもお金は必要です。
最初に着手金が必要で、すべての手続きが終わったアトの成功報酬、そして債権者や裁判所までの交通費や印紙代等の実費が必要です。 任意整理を行った際は成功報酬は減額金額によって決められ、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。
そして自己破産の場合はというと、免責許可を裁判所から貰えたらあらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。
借金 返せない どうなる

借金で手続きに困ったとき頼るところは

経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。
債務整理を頼むなら弁護士でも司法書士でもかまわないのですが、任意整理や過払い金請求を行なうには、司法書士だと140万円を超える合計額では受託できないという決まりがあります。 絶対に140万円に満たないというケースならいずれでもかまいませんが、額が大聞くなることも否定できないとすれば弁護士を選んでおいた方が確実です。 自己破産の都合の良いことは責任が免除となれば借金の返済義務から逃れられることです。
借金の返済方法に悩んだり、金策に走り回らずにすみます。
特にあまり財産がない人には、借金返済で手放さなくてはいけないものが多くないので、利点が多いと感じます。
債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、それほど問題にされないのですが、自己破産によって債務整理を考えた時は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つにあげられます。 破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律で定められた上限があります。
基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が認可されないのはおろか下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。 債務整理というものはどんな手段にしろそれなりの時間がかかるものです。
やっと任意整理を行なう決断をし立としても、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、最短で2か月、半年以上かかるなんてことも時にはあります。 また、この期間中は取立てはもちろん債権者から債務者へ連絡することすら禁じられています。
しかし、中には禁止されている取立ての代わりに返済をもとめて訴訟を起こす業者もいるそうです。
個人再生をするにも、認可されないケースが実在します。
個人再生をする場合には、返済計画案を出すことになるのですが、裁判所でこれが認められないと認めて貰えません。
普通の事ですが、不認可となってしまえば、個人再生はできません。
個人再生に必要なお金というのは頼んだ弁護士や司法書士次第で変わってきます。
お金がないというのにそんなの払えるはずがないという方でも分割払いも可能なので相談できる事になっています。
助けが必要な人は相談してみるとよいと感じますね。
借金の整理の中でも自己破産や個人再生は全ての債権者が債務整理の対象になるのですが、借入先ごとに1件ずつ手続きするのが任意整理です。 費用も個別にかかるため、全ての債権者に減額交渉することは稀で、普通は減額効果の高い債権者を選んで行なわれるものです。
借入高が少ないところまで債務整理の対象とすると、債務整理をおねがいした弁護士(司法書士)に対する代金がかさんでしまいますから注意が必要です。 本人が債務を整理を行なうことは難しいため、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。
こうした依頼をするのならば、依頼料などを用意しなければなりませんが、お金を用意できなければ依頼できないと思って諦める人もいるそうです。 しかし、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、後払いや分割払いにも対応しているところがほとんどです。
依頼時に支払わなければいけないというりゆうではないのですので、気軽に問い合わせてみるといいですね。
借金が返せない

キャッシングということは

キャッシングとはクレジットカード会社や銀行、消費者金融といっ立ところから融資を受けることです。
裏付けはなくて大丈夫ですし、返済の方法も様々あり都合が良いので、使用している人は増加してきています。
わけは何であろうと貸してくれますので、手持ちがないのにお金がいきなり必要になってしまった時は使えるでしょう。
WEBだけでキャッシングできることをご存知ですか?インターネット完結の手続きはどんな業者でもできるとは限りませんが、大手の業者ならほとんど心配はありません。 家に居ながらにしてお金を借りられるとなると、大変楽になりますね。
お金の借り入れや返済を短時間ですぐにできるので、困っ立ときなどに思い出してみましょう。
以前キャッシングで借りていたならば、過払い金を請求できることがあります。
請求を行いたいならば司法書士や弁護士を通して、内容証明を手に入れて、処理すると、請求が認められるかも知れません。
まずは無料相談により内容を聞いて貰いましょう。
キャッシングをすると返済期限までに借り入れ額に利息をプラスした額を返済をしていかなければいけませんが、一度でも延滞をすると貸金業者から一括で返済を要求される可能性があります。 ですから、お金が用意できない場合は予め業者に連絡するのがよいでしょう。
急な督促が来ることはなくなりどう返済していけばいいかの相談にも乗ってくれます。
オリックスと言う会社は、非常に大きい会社です。
現在はアメリカでプレーしているイチロー選手がかつて活躍したオリックスなる球団を持っているほど大きい会社なのです。
オリックスを支える中核事業が、金融事業だと言っていいでしょう。
ですから、カードローンにクレジット、キャッシングその他の事業もやっています。
一括返済のタイプのキャッシングで少額のものなら、金融業者の中には、無利息期間を設けているところもあるので、そうした業者を利用するのが便利でしょう。 無利息期間内に返済を一括で済ませれば利息を全く払わなくともよいのですから非常に好都合です。
全額を一度に返済しない時でも無利息期間の活用ができる金融業者の方がより借りる側にとってはお得になることが多いので、比較する際には、念頭に置いてください。 キャッシングは正社員でなければできないように思われがちですが、アルバイトやパートの方でもお金を借りることができます。
ある程度の収入が毎月あると確認できれば、この人ならきちんと融資額を返済してくれるなと認めて貰えるので、審査を通過することができます。 無事審査を通過しても、返済のことをきちんと考えた上でキャッシングをしないと、返済のときに返すことができなくなってしまいます。 かんたんにお金が手にはいっても、キャッシングは借金には変わりないので、返済できずにいると大変なことになります。
少し前には無かったものですが、最初から最後までスマホで出来る、キャッシングサービスを提供する会社も目立ってきました。
最初はスマホで、自分の写真(免許証など)を送信して、そのまま審査でそれが終われば、自分の口座に振り込まれるのを待つだけです。 キャッシング専用アプリのある会社なら、手続きがサクサク進んで、完結します。
借金返せない

奨学金の借り入れをする時は

原則として保証人と連帯保証人の両方が必要ですが、その保証人が過去に債務整理を行っていると、審査の時にはじかれてしまうことがあります。

不安だったら、保証人をたてる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、まったく保証人をたてずに奨学金の貸し付けをうけることが出来ます。

気になる保証料ですが、これは奨学金の貸与月額から引かれるので初期負担の心配は不要です。

幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないという人がするべきなのが債務整理でしょう。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して相談を願望する事になります。

けれども、対峙するのは専業者になりますから、知識を持たない債務者一人で交渉を上手に運ぶことは極めて困難です。弁護士など専門知識を持つ人に取り持って貰うことが多いです。 自己破産は債務を整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、本人名義の全ての預貯金は資産説明書に掲載する義務があります。
資産があれば、20万円を超えた部分については債権者へ分配(返済)されますが、この点が他の債務整理との大きな違いです。このとき少しでも資産を残したくて、名義変更や預金引き出しなどの節約テクを駆使することは考えないほうが無難です。
素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると原則として免責がうけられないこともあるのですから、真面目に申告しましょう。出来れば自分の力だけで返済していきたいと思う気もちは理解出来ますけど、どうにも返済の見込みがたたないときには、現状を打開する手段として借金の整理が有効です。

一般的に借金の整理が必要かどうか判断する時期はいつかと言うと、返済額が手取りの3割以上にかさんでしまった時がひとつの区切りかもしれません。
この頃に弁護士事務所に任意整理で相談に訪れる人が多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。家族に秘密裡に借金をしていたのに、とうとう支払えなくなって、債務整理する事になってしまいました。 おもったよりの額の借金があり、もう返すことが出来なくなったのです。話をしたのは巷の弁護士事務所でおもったより安い金額で債務を整理してくれました。 多数の弁護士事務所のうち、債務整理を頼む所を選ぶのは一苦労です。
弁護士を選ぶ良い方法は、なんだかんだ言っても債務整理のことをよく心得ていて、受任実績が豊富にある所に頼むのがベストでしょう。

法律事務所ならほぼ公式ホームページがあるはずですので、債務整理の経験をホームページ内で高らかに謳っているかどうかを確かめておくと判断基準のひとつとなりますよ。

借金がかさんで債務を整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。
本当は任意整理をして債務を何とかしようと考えていたのですが、借金が膨大な金額になっていて弁護士と相談して個人再生を行いました。

車の所有は許可が下りなかったものの、自宅を処分せずに済んだのは幸運でした。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、債務を整理のおかげで生活や気もちも安定しました。

借金がかさんで債務整理をすると、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。

この期間は有限で、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の債務整理の場合は金融事故あつかいになりません。いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はローンやキャッシングが使えない可能性が高いです。 借金 滞納

コマーシャルでおなじみのフレーズになった

CMなどできいたことがあるかもしれませんが、債務整理のひとつに、債権者への支払いが済んだ借りたお金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。過払い金返還請求を行う時には、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類が欠かせません。

取引履歴を点検する事で、利息を正確に算出できるので、過払いになっていた利息を返還請求することが認められます。
いざ申請や手つづきに入った際には、なるべく速やかにけりをつけたいという希望は債務整理を視野に入れている人なら皆抱くのではないでしょうか。

しかし、借金を免除または減額などしてもらうことの承認を得るまで当然ある程度待たなくてはなりません。

選んだ債務整理の方法や、スペシャリスト(司法書士や弁護士など)に頼むのか、それとも自分で全手つづきを網羅するのかなどの要素に応じて取られる時間にはちがいが出ます。 新たに賃貸物件の契約を行う人にとって、債務整理をしていても審査内容には影響がありません。

所以は、信用情報機関で管理されている事故情報は金融会社しか参照できず、不動産会社がその情報にアクセスするというのはないからです。

すなわち、債務整理を行っているから引っ越しに不都合が生じるということはありません。ところが、自己破産の申立を行った人は、免責が認められるまでの間、引っ越しには裁判所の許可が必要ですので留意しておきましょう。たとえ、人には言い辛い内容であっても、自己破産する時には、すべてを正直に弁護士に申告しましょう。互いの信頼関係に関わります。

債務整理で自己破産の手つづきを行うということは、今のままでは債務を支払いつづける能力がないということが法的に認められると言うことです。

まだ財産があるのなら、そもそも債務整理の意味がありませんし、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、正直に伝えるようにしてください。生活保護費を貰ってる人が債務を整理をお願いするというのは出来なくはないですが、利用の方法については限られている場合が多いと思われます。

その上、弁護士の側も依頼を引き受けない可能性がありますので、実際に利用できるのかをよく考えた上で、行ってください。
個人再生には何個かのデメリットが存在します。

一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に払うお金が多かったなんて事例もあるのです。

また、この仕方は手つづき期間が長くなってしまうため、減額になるまでにとってもの時間を費やすことがたくさんあります。

もしかすると、つい借金をする傾向があって、債務を整理は何度でもできるのだろうかと悩んでいる人はいませんか。一般的には回数に制限はありません。
とは言え、債務を整理の経験がある人がさらに債務整理が必要だということになると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。給料が差押えされている時に債務を整理をして、対象に差押え元の債権者がふくまれていると、今までつづいていた差し押さえはピタッと解除されるのですが、必ずしも沿うとは限りません。折悪しく任意整理をした際には強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給料は差し押さえられたままになります。早々に和解を成立し、強制執行を止めて貰わないと身動きがとれなくなってしまいます。
住宅ローンはしばらくダメ 任意整理のデメリット

極めて経済的に苦しんでいて

債務整理について相談できればと思っているものの、何が何でも弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。ないし多忙で事務所に行く時間を割くのが難しいという時は、相談をメールで行なえる事務所も珍しくはありません。

やり取りするのに直接や電話にくらべて時間を要しはしますが、都合のいい時に人目を忍ばず行なえることから、相談をする上での気軽さという点ではナンバーワンでしょう。

債権調査票とは、債務整理をする際に、お金をどこからどれほど借りているのかを明確にさせるための文書にした紙です。
借金 返せない

お金を借りている会社に頼向ことで受け取ることができます。非合法な業者の際は、受け付けないこともありますが、その時は、自分で書面を準備すれば大丈夫です。

名字が結婚や離婚で変わった時、債務整理の記録が白紙に戻るという事はありません。
クレジットカードなどを新しく申し込むとき書類上に旧姓を書く欄もよく見られますし、氏名だけで本人確認がされる理由ではありません。
それに、審査が通っ立と仮定しても、債務を整理の記録が後日わかった場合はその時点でカードの利用停止やカードの返却要請といった措置になる事もあるかもしれません。債務整理をする方法の中で、もう債権者にすべて支払っ立という借金の不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。この返還請求をするには事前準備として当時の借入金額が分かる取引履歴の掲さいされた書類が欠かせません。
これまでの取引履歴を確認することにより、本来の利息額を割り出せますから、多く支払われていた利息を返還請求することが認められます。債務整理を考えている方は、その前におまとめローンできないか調べてみてください。

債務総額こそ減らないのですが、高額借入として扱われるため、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。
それに、返すこと管理が容易になって、ひとつひとつの会社の返すこと日をチェックするようなことは、しなくてもよくなります。

このおまとめローンをしても返すことが不可能となった時点で弁護士などに債務整理を依頼するのも間違いではありません。借金がかさんで債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。この期間は有限で、JICCでは、ほとんどの借金の整理において約5年間は保存されます。 CICには、自己破産のケースは5年ほど残るといわれていますが、その他の方法、たとえば任意整理や個人再生のケースでは金融事故あつかいになりません。 ブラックになっている期間中は、ローンやクレジットカードの審査に落ちるなどのことが考えられます。

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、月々の返済が苦しくなると思います。 もし、一括払いができなくなると、支払方法をリボ払いに変更されると思います。けれど、これでも払えないというケースがあります。

こうなってしまうと、精神的にも追い詰められてしまいますから、弁護士などに債務整理を依頼し、返済を楽にしてください。財形貯蓄は、毎月支払われる給料から天引きして貯金していくことを言います。

自己破産により借金の整理を行った人は、その貯金額と手基に置いている現金の合計額が法上に定めのある上限を超えると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。それだけでなく、基準額を超えていない場合も、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。これは取引先の金融機関または勤務先に申請することで入手することができます。